男性

安全面にも適している|癌は放射線治療で退治しよう

早期発見で高い生存率

カウンセリング

大腸がんになる人は年々増加していますが、検診を受ければ簡単な検査で見つけることができます。特に女性はなる人が多いので、検診を受けたり予防につとめることが大切です。大腸がんを発症しても早期に発見できれば転移がないので、完治させることができます。

詳細を読む

レーザーでのガン治療

患者

世界的に患者数の多い疾患の一つに癌があります。癌は身体の一部にできた後、進行すると血液やリンパ液に乗って全身に転移します。この疾患は治療に際しての副作用が大きいことが問題視されていましたが、近年では放射線治療と呼ばれる負担の少ないレーザー式の治療が普及しています。放射線治療は特に転移前の癌の除去を得意としており、皮膚を切開することなくピンポイントで癌細胞にレーザーを照射します。癌を取り除く力は切開よりも強力で確実性があります。患部が動いてしまっても追跡して照射できるため、他の部位を傷つけずに済み、安全性も高いです。そのため、発症する部位が切除しづらい脳腫瘍においては積極的に放射線治療が採用されます。

一般的に癌に対して放射線治療を行う場合は、切開による手術をすぐに行うことはありません。一方、放射線治療とともに投薬治療を行うことは多く、服薬に際して患者自身や家族が医師としっかり相談する必要があります。癌治療で服用する処方薬は以前は抗ガン剤がメインで、脱毛などの副作用に悩む人が多くいました。しかし、現在では抗ガン剤以外の効果的な処方薬も用いられています。このような薬品は先端医療の分野に入るため、処方している病院が限られたり、保険が適用されない場合があります。そのため、放射線治療に加えて処方薬を用いる場合は、医師に出来る限り負担の少ない薬品が使えないかを確認しましょう。近年一般的になりつつあるセカンドオピニオンの考え方を活用し、他の病院に相談することも必要です。

早期発見が大切

看護師

乳がんは早期発見できればほぼ100%治る病気です。毎月セルフチェックして腫瘍ができていないかチェックすると共に、2年に1度は乳がん検診を受けると早期発見することができます。また乳がんになるリスクが高い人は生活習慣を見直すことも予防につながります。

詳細を読む

殺し屋NK細胞を徹底強化

メンズ

がんの発症の背景には、免疫細胞の弱体化によるがん細胞増殖が指摘されます。特にがん細胞攻撃に優れるNK細胞が、がん患者の体内では減少しています。NK細胞の培養技術向上により、大量培養と活性化が可能になりました。強化されたNK細胞をがん患者の体内に戻すNK療法は、がん再発予防にも優れた効果を発揮します。

詳細を読む