患者

安全面にも適している|癌は放射線治療で退治しよう

早期発見が大切

看護師

ほぼ100%治る

乳がんは検診で見つけやすいがんの1つです。検診で乳がんを早期発見できれば他に転移する前に腫瘍を取り除くことができる上、乳房も切除せずにすみます。40歳を過ぎると少なくても2年に1回は乳がん検診を受けた方が良いとされるのはこのためです。乳がん検診の方法としてはマンモグラフィーとエコーがあります。マンモグラフィーはごく初期の石灰化した細胞を見つけることが出来ます。石灰化した状態で乳がんを発見できれば、ほぼ100%完治させることが出来ます。エコーは超音波で乳がんを探す方法で、若い女性に主に用いられる検診方法です。若い女性の場合乳腺が発達しているため、マンモグラフィーではがんを見つけにくいのでこの方法が取られます。近親者にがんの人がいた場合には、若くても発症する可能性が高くなるので検診が必要となります。

セルフチェックを行う

がん検診を受ける他にも毎月セルフチェックすると早く見つけることができます。鏡の前に立って乳房の形が変わっていたり皮膚がひきつっている部分がないか、乳頭から分泌物が出ていないかを調べます。見るだけではなく触ってみてしこりがないかや、脇の下のリンパ腺が腫れていないかもチェックします。もしもおかしいと感じることがあれば、すぐに外科や総合病院で調べてもらうことが大切です。特に乳がんのリスクが高いのは初潮年齢の早かった人や出産経験のない女性です。乳がんは女性ホルモンの影響を受けるため、女性ホルモンが分泌される期間が長い人は発症しやすいのです。またタバコやお酒、肥満なども乳がんのリスクを高めます。早期発見に努めると共に、生活習慣を見直すことも大切です。